--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.08.06

おじいさんと犬

じいさんが北国で日常生活送るだけの話。

起 秋口   息子から手紙が届く    嫁が子供を身篭った じいさんはタバコを吸いながら狩りに出る 獲物はエルク 食料はまだある
承 冬入り  息子から手紙が届く    嫁の調子があまりよろしくない 父親を心配する言葉 送られてくる5カートンのタバコ 狩りに行く 獲物はかからない
転 冬    息子からの手紙は無い 犬と狩りに出る、猟銃の調整と食料の買い込みに街へ降りる。 馴染みの酒屋で少しだけ酒を飲む
結 冬終わり 息子から手紙が届く 孫は流産してしまった 爺さんはエルクの角で彫り物をする。 自分の妻を思い出す 犬が吠える 少しだけ酒を飲む たばこを吸う。
爺さんは息子に手紙を書く。 


そんな感じのを。
とにかくただ爺さんを延々と細かく書きたいだけ。
魚も釣る









 ロック爺さんが狩りに出たのは3週間ぶりの事だった。冬に入る前にもう2,3頭のムースを狩っておきたい、塩漬けの肉や燻製はまだ山と倉庫に積まれていたが、タバコが少なくなってきているのが気がかりだった。 タバコは毛皮を街で交換するしかない。 年に数回しか飲まないが、馴染みの酒屋でカルヴァドスを1杯飲みたいとも思った。
もう、10年も一緒に狩りをしている犬と一緒に山道を漕ぐ、大きなリュック、ライフルを肩に背負っている。足取りは軽い、何十年と歩いている道だ、どこに獲物がいるかの検討は大体ついている。
狙うのは大きなオス、そして自分で食べるように子供を1匹だけ狙う。 
 ここ数年少し数が多くなってきているのだ、狩りをして申請すれば、国からの補助金も出る。 だが爺さんはまだ一度も申請したことは無かった、別段生活に困っているわけでもない、それよりも細々した文字を書く方がよっぽど気が滅入る事柄だったからだ。彼の息子からはいつもこの事で小言を聞かされているが、その度に同じ話を繰り返す。
必要十分な物は既にある、それ以上は求めても自分が不幸になるだけだ、ロック爺さんは口癖のようにいつも同じ答えを返す。

2時間ほど山を登るとムースの狩場へ到着する、ここは自宅近くまでつながる小さな川もあり、今の時期は山の木の実が沢山落ちているからムースはすぐに見つかる。
だがまずは周りを注意深く調べなくてはならない、エサがあるということはそれを狙う灰色熊も居る事があるからだ、彼のお供は灰色熊の気配があるとすぐ吠えてくれる優秀な子だ、それでも警戒しすぎるという事はない。 ロック爺さんは狩場の周りをムースの風上にならないよう、注意深く調べてゆく。足あとやフンを探し、マーキングの痕を探し、ようやく満足して銃を構える。 
 ほとんど骨董品と言っていい銃に弾をこめ、片膝をついて息を整える。白い息が流れる。スコープを覗く。
 犬は静かに獲物を見据えている。
 今日も目は良く見えている、近くの小さな群れで1番大きなムースの心臓に照準を合わせ、息を止める。 引き金を引く。
 ターン、と静かに響く。
 ムースは静かにその場にうずくまる。 心臓へ命中したようだ、周りのムースは音に驚き方々へ散ってゆく。
ロック爺さんは仕留めた獲物へ近づく。 どうやら即死させられたようだ、胸に十字を切り、森にも祈りの言葉をつぶやく。 700キロはある立派なオスだ。
それからロープで後ろ足を縛り、リュックから薄いソリを取り出し、近くの小川へと引いて運んでゆく。 
 小川に到着すると、ムースを川へ漬け、腰から大ぶりのナイフを取り出し、首に1本切れ目を入れる。 血が川へ流れてゆく、手早く処理しなければ血の匂いを嗅ぎつけて肉食の動物が来てしまう。
 腹を割く、まだ熱を持っている内蔵が現れる。肺を取り出す、腎臓や、肝臓、心臓を取り出す、それから胆のう、膀胱を注意して取り出す。 まだ解体に慣れていないころ、胆のうにキズをつけて他の肉まで苦くなってしまった事がある。 手首に結んでいたヒモで食道と肛門の付け根を縛り、食道から腸までを取り出す。
それから内蔵をそれぞれよく洗い、リュックから皮袋を取り出し詰めてゆく、袋には塩とハーブが入っている。
生殖器や肺はお供に与える、おいしそうに食べている。狩りの駄賃だ。
ムースの腹はすっかり空っぽになる。
川の水で綺麗に洗い、また引っ張りながら自宅へ向かう。
獲物は重い、川沿いを下る、3時間近くかけて家まで到着する。

 家の少し離れにある解体場へ運び、滑車を使い、ムースを逆さに吊るす。
足元から皮をゆっくり剥いでゆく、皮に傷がつかないよう、ナイフを研ぎながらゆっくりと作業をしてゆく。 
汗が流れる。 20分ほどかけて皮を剥ぎ取る。 皮は広がるように、木で作った型にかけておく。
 ようやく肉に刃を入れる。糸鋸を取り出し、首を切り落とす。 ナイフを持ち替え、肩から前足を取り外してゆく。関節へ刃を入れると簡単に外れてゆく。次に背骨にそってまた糸鋸を使い、アバラを取り外してゆく。 最後に後ろ足を取り外す。
取り外した肉は木箱にのせ、塩をかけておく。 

 ようやくひとごこちがつく、イスを解体場の外へ持って行き、座る。胸ポケットからタバコを取り出し、マッチで火をつける。
深く吸い込み、長く吐き出す。 犬が横へ座り込む。 頭をなでてやる。
ゆっくりとタバコを楽しむ。 一仕事が終わった後のこの時間はなんとも言えず静かで気に入っている。
 あと1頭を狩る算段を建てる。山の上の方の狩場がいい、持ち帰りが楽だからと思う。 しかし最近は灰色熊の足跡を見つけたりとあまり近づきたくはない場所でもある。
しばらく考えた後、腹の虫が鳴っている事に気が付き、飯を食べてから考えようと至る。

スポンサーサイト
Posted at 23:17 | 恥晒し | COM(0) | TB(0) |
2009.05.20

パソコンが復帰したので。

というわけで更新再開。


以下追記にて最近の駄文。







続きを読む
Posted at 01:22 | 恥晒し | COM(0) | TB(0) |
2009.03.12

例大祭とやらに行って来ました。


実は学生なんぞ、やっておりまして。
年末~今までにかけて、色々と忙しかったんで、更新とか完璧に忘れてましたね。

さて、自己弁護はここらへんにしときまして。

例大祭行って来ました。
今回は同人誌52冊 CD8枚 おちょこ2個 という戦績。
まぁ、それなりですね。
例大祭の話題は、また今度でも。

ああ、後光るこんどーm。
すみません、光る風船を真白姫様からいただきましたね。
最後の2個だったそうで。
嬉しいのやら嬉しくないのやら。
ちなみに真白姫様のサイトはこちら
つ「真白のーと

まぁ、まさか手に入るとは思いませんでしたけども。
後悔といえば、アルケミストレコーズのCDが買えなかった事ですかね。

さて、まぁ。
私生活で結構な勢いで暇になりまして。
書き溜めてた連中も、そろそろここに置いておこうかとも思ってます。

そんな感じでした。
Posted at 06:27 | 恥晒し | COM(0) | TB(0) |
2008.11.06

時間が無い。


「悪魔の。」
そう聞いたのはもう長身で白髪の老人。
「なんだ、虹色。」
答えるのは悪魔と呼ばれた迷彩柄のコートの男。
「こんな戦地に俺ら投入してどうするつもりだ、金はもらってるから文句は無いが、些か食い足りない感がある。」
「何、お前らには今回は人命救助でもしてもらうだけさ、最初から食うも食らわれるも無い。」
「楽でいいこった。」
鼻で笑う老人。
「蹂躙は私一人で十分だが、人数が居ないのでは人は救えんのだよ。護衛にお前の所の人食いだけ借りていく、その方が何かと良いだろうよ。」
直立不動のまま、悪魔と呼ばれた男は目の前の戦場をひたすら見つめながら答えている。
「そうしてくれ、あいつの食費が1番かかるんだ。」
「一つだけ気をつけて欲しい事がある。」
「なんだ。」
「何があろうとも子供は助けろ。」
高らかに響く老人の笑い声。
「おまえさんそっちの趣味だったのか。」
「色々あるのだよ、こちらにも。」
老人は満面の笑顔で答えると、手を銃の形にとり。
バンッ、とつぶやく。

「それじゃあ、第何回か忘れちまった公演でも始めますか。」



さて、私も働くか。
悪魔は近くの民家へ入り、2階へ進み、子供部屋と思わしき部屋に入るとおもむろにベットをめくり上げた。
「やあ、こんばんわ。」
声にならない声を上げる少女。
下でお父さんもお母さんも死んでいたよ、生き残りは君だけだ。
笑顔でそう告げる。
少女は後ろに下がろうと必死に壁に背中をぶつけている。
さて、別にそんな顔をしなくてもいいのだけれども、まあいい。恐れていようが歓喜にみちていようが質問をするだけだ。
「生きて居たいかい、お嬢さん、そうなのならば、私についてきなさい。嫌なのであれば死になさい、私は君がなりたいものにならせてあげることの手助けができる。」
「ふむ、何を言われているかいまいち理解していないようだな、仕方が無い、死んでいただくしかないか。」
悲鳴にも似た「嫌だ。」という叫び声。
それを聞いた悪魔は心底嬉しそうに笑いながら告げる。
「ならば思い描け、自らがそうなりたいと思う姿を、たった一つの刹那さえも無いほどに、考え、思い、信奉しろ。生きたいと思うならそうしろ、思い描け。それだけが君を救う条件だ。」
悪魔は人間に取引を持ちかける静かに、淡々と。
少女はまた、同じように静かに頷いた。


第六企業連、正規陸軍第八および第九部隊。
武力に特化した企業連であり、第八、第九陸軍はおもに殲滅戦において効果を発揮する部隊か。
圧倒的な火力には並みの国々では対抗できない。
しかし、未だ彼等は人間だ。それならば私は彼らに負ける事は無い。
そう悪魔は呟いた。

目の前に広がるのは生命を感じられない町並み。
半径50kmに及ぶ彼等の展開した包囲網を、悪魔と呼ばれる男は涼しげに歩いただけで全てを終わらせてしまった。














ネタは出れども時間が無い。


Posted at 23:49 | 恥晒し | COM(0) | TB(0) |
2008.09.09

使用上だから仕方が無い事ではあるが。

一応更新してるのだから、1ヶ月以上~って広告をなんとかしたいところではある。
追記にて駄文、むしろ設定。









続きを読む
Posted at 11:49 | 恥晒し | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。